読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オールインワン化粧品を選ぶときのポイント

人気のオールインワンゲルを

比較ランキング!

乾燥、シワ、たるみなどの年齢肌を解決してくれる、
人気のオールインワンゲルを実際に使用してみて、
おススメをランキングにしてみました。

 

1位 メディプラスゲル

f:id:hapihapitasutasu:20160527180326p:plain


 洗顔後のたった1本で、見た目年齢が20歳若返る!
満足度97%のオールインワンゲルです。

年齢肌トラブルに特化した防腐剤フリーで、62種の美容成分を配合。
浸透と持続をさせるために水にもこだわり、出雲「玉造温泉水」を使用しています。

1本4役(化粧水・乳液・クリーム・美容液)で、年齢肌トラブルが無くなり、乾燥知らずのハリと弾力のあるモチモチお肌をキープできます。

今だけ初回限定1000円OFFを実施中!約60日使えて、2,996円です。
もしお肌に合わなかった場合は、使い切ってしまっても30日間は全額返金保証が付いています。
お試しコースに申し込めば、60日ごとに自宅に届けてくれて、いつでもキャンセル可能です。

 

通常価格:3,996円(税込)

初回限定価格:2,996円(税込)

送料:無料

特典:使い切っても、30日間全額返金保証、サンプル9点プレゼント

 


使用したレビューを見る。
公式サイトを見みる。

 

2位 パーフェクトワン モイスチャージェル

f:id:hapihapitasutasu:20160527165904p:plain


 コラーゲンが7種類に増えた、ひとつで6役のオールインワンジェルで、極上潤い肌に!

ひとつで6役(化粧水・乳液・クリーム・美容液・パック・化粧下地)をカバーできて、みずみずしい潤いを角質層まで届けてくれます。

スーッとなじんでベタつかないのに、しっかりと潤うのは、50種類もの保湿成分を配合しているからです。
お肌の奥深くまで隙なく浸透するので、みずみずしいハリ肌に導いてくれます。

パーフェクトワンにはクレンジングやCCクリームも試せるトライアルセットが用意されていて、1,296円で約10日間しっかりと試すことができます。

パーフェクトワンをもっとしっかりと試したい方には、1ヶ月たっぷりと試せる本商品も300円OFFの3,500円で購入することもできます。
定期コースで申し込めば、初回は半額の1,900円で購入することができます。

 

通常価格:本商品3,800円(税別)

1か月お試し:3,500円(税別)

定期コース初回限定:1,900円(税別)

トライアル:1,296円(税別)

送料:無料

特典:定期コースのみ ポイント5倍人気商品購入最大15%OFF

 

使用したレビューを見る。

公式サイトを見る。

 

3位 フィトリフト

f:id:hapihapitasutasu:20160527172245j:plain


 フィト発酵エキスで、たった10秒でお肌ピーン!

フィトリフトひとつで(化粧水・美容液・乳液・パック・クリーム)の5つのお手入れが完了。

お肌に嬉しい美容成分を99.7%も配合していて、ハリ・弾力・保湿・エイジングケアのお手入れがしっかりできます。

3大美容成分「ヒアルロン酸」「プラセンタ」「コラーゲン」を超えるフィト発酵エキスとジェルの強い復元力で、たるみ、しわ、などの気になる年齢肌の悩みに10秒でピーンと解決してくれます。

40代~50代の女性に多いお肌の悩み「しわ」「ほうれい線」に即効性があり、20代~30代の女性の乾燥肌の解消にも非常に支持されています。

通常30日使用できて4,968円のところが、今だけ60%OFFの1,980円でご利用できます。
もちろんしっかり30日使用することができます。

 

通常価格:4,968円(税込)

初回限定価格:1,980円(税込)

送料:無料

特典:使い終わっても全額返金保証

 

使用したレビューを見る。

公式サイトを見みる。


 

1本でスキンケアが完了できるオールインワンといっても
テクスチャーはそれぞれ違っていたりします。

す。

 

オールインワン化粧品には、ゲルタイプジェルタイプがあります。

 

ジェルタイプは、みずみずしくて伸びが良いです。

ゲルタイプはジェルより少しだけ固めになりますが、
保湿性が高くなります。

ジェルタイプでも保湿性が抜群によいオールインワンもあります。

 

フィトリフト】などが、このタイプです。

ジェルをうたっているメーカーでも驚くほど
保湿性が高いスキンケアもあるので
レビューを参考にしてみてください。

 

f:id:hapihapitasutasu:20160527172245j:plain

 

フィトリフトのレビューはこちら

 

管理人は8年間いろんなオールインワンを試してきました。

その中で気づいたことは、
自分のお肌の悩み肌質季節によって
スキンケアを変える方が、
肌の状態が良いという点です。
秋から冬は夏の期間インナードライ肌になっていることが多いので、
しっかりと保湿できるゲルをおすすめします。
おすすめは、【メディプラスゲル】という美容ゲルで

 

f:id:hapihapitasutasu:20160527180326p:plain

冬から春にかけても、乾燥肌になりやすいので、ゲルタイプをおすすめします。
メディプラスゲルのレビューはこちら

 

 

春から夏にかけては、どちらかというと
サッパリしたテクスチャーのジェルタイプをおすすめします。

 

伸びの良い美容ジェル【パーフェクトワン】は、
浸透力が良いので、あっという間に
お肌に浸透していきます。

 

f:id:hapihapitasutasu:20160527165904p:plain

 

パーフェクトワン】は乾燥肌の方の場合、
冬使用すると物足りなさを感じてしまいます。

そんな時は安価な化粧水で良いのでオールインワンの前に使用すると
ふっくらしっとりしたお肌になりますよ。

当ブログで、自分に合ったオールインワンを見つけてみてくださいね♪

 

パーフェクトワンのレビューはこちら

 

 

アンチエイジングは食事で決まる

f:id:hapihapitasutasu:20161005144346j:plain

 

昔も今も女性は若く美しくいたいと思うのが常ですよね。
アンチエイジングは意識としてあるけど知識としてはない…なんてことはよくあるのではないでしょうか?

ダイエットもそうですがアンチエイジングも正しい知識をつけて取り組んだほうが、効果が出やすいのは想像に難くないですよね。

一般的にはアンチエイジングを以下の3つの要素で捉えるのがいいと思います。

  1. 外面 主に顔及び肌のハリ・コシ・シミ
  2. 内面 内臓や、食事面
  3. 精神面 仕事やプライベートの不安や不満が及ぼすホルモンバランスなど

今回のテーマは2.の内面、特に食事面にフォーカスします。

食事面とお伝えすると割と皆さんも知識として持っていると思いますし、
「体に良い食べ物を食べればいいんでしょ?」とおっしゃると思います。

はい、その通りです。

ただ、先にも挙げたように食材や料理で体によさそうなものをただ無作為に摂取しているだけでは効果的なアンチエイジングとは言えません。

 

 

具体的にどんな食材を取ればいいの?

 

アンチエイジングに効果的な食材をまとめると、実はある国の食文化に行きつきます。

そうです、我々が普段摂取している日本食で食べるような食材が非常に栄養のバランスに優れているのです。

日本食をしっかり食べる生活を意識することがいつまでも綺麗でいられる秘訣です。

普段意識して日本食のみを食べているご家庭って割りと少ないですよね。
アンチエイジングの観点では古き良き日本の食文化をやり直すのが一番効果的です。

 

アンチエイジングによい食材郡(一例)

豆類、海藻、魚(特に青魚)、キノコ類、イモ類、乳製品、ごま、果物etc..

ほとんど日本食ですよね。

 

 

どんな日本食を食べれば良いのか

 

○脂質の少ないタンパク質

f:id:hapihapitasutasu:20161005144604j:plain


豆腐ハンバーグや納豆、煮物など糖質や脂質を少なくしたタンパク質中心の料理が好ましいです。アボカドも非常に栄養価が高いためオススメです。

 

○体を綺麗にし、ダイエット効果もある海藻

f:id:hapihapitasutasu:20161005135942j:plain


モズク、めかぶ、わかめ等の昔は食卓にしっかり並んでいた海藻類はそのまま食べても味噌汁でも取れます。その際は減塩醤油や減塩味噌を利用すると更に効果的です。

 

○低糖質だからいくらでも食べてもOKな魚

f:id:hapihapitasutasu:20161005144638j:plain


シミ・シワ予防の鮭、貧血コレステロールに良いカツオ、視力や記憶力の向上にマグロ、ダイエットに最適なヒラメ、ビタミンの宝庫値段も安くて一石二鳥の青魚(サンマ・イワシ・鯖・鯵)など

 

○デトックスもダイエットも出来る玄米

f:id:hapihapitasutasu:20161005144733j:plain


すでにご存知の方も多いとは思いますが、玄米は現代人が不足している栄養素を豊富に含んでおり、食物繊維が便秘をビタミンBが糖質や脂質の代謝を、タンパク質カリウムがむくみや綺麗な髪を保ってくれます。

 

○抗酸化、腸内環境を整える乳製品

f:id:hapihapitasutasu:20161005144757j:plain


老化に伴い減っていく体内の抗酸化物質、それを適正に保ってくれるのが乳製品です。
ただし日本人の85%が乳糖の分解酵素を持っていないため、冷たくしてしまったヨーグルトや、牛乳を飲み過ぎると逆に健康を害します。
本当にアンチエイジングするには常温まで戻してから食べることをおすすめします。

 

 

どんなメニューにすればいいの?

 

上記で述べたように昔から食べられている日本食をしっかり再現すればそれだけで完全食となります。

例)

朝食 玄米ごはん・鮭・納豆・味噌汁・ひじき

昼食 玄米ごはん・味噌汁・青魚の焼き物・メカブやモズクの酢の物

夕食 白米・お刺身or豆腐ハンバーグ・味噌汁・ヨーグルト

上記の様な食事を取ることでアンチエイジングが出来るといえます。

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか。
ふだんは手間で保存ができるカレーやシチューで食卓を整えてしまうケースが多いと重いますが、食卓をしっかり日本食で固める事で内面から健康になれる事まちがいなしです。

 

 

アンチエイジング対策は抗酸化とコラーゲンの2つの対策を行いましょう!

 

f:id:hapihapitasutasu:20161005141523j:plain

 

「加齢を楽しむ」「年齢とは単なる数字でしか無い」
言葉にすれば簡単ですが誰だって歳を重ねて”老いる”のは嫌ですよね、女性であればなおさらそう思います。

本来時間の経過と共に老いていくのは自然なことではありますが、それに抗うのが【アンチエイジング】です。

 

 

老化を促す3つの要素

 

一般的に老化と言われる現象は外面・内面・精神面の3点が非常に重要な関わりを持っています。

 

外面

【水分量】

人間は成人の場合体重の70%程度の水分量を持っていますが、年齢を重ねることによってその水分量がだんだん減少していき、老齢になる頃には50%程度迄下がります、その為、肌にはハリが無くなり深いシワが刻まれるのです。

f:id:hapihapitasutasu:20161005135419p:plain

【コラーゲン量】

人間の肌の真皮と言われる部分の70%はコラーゲンで出来ています。
それだけでもどれだけコラーゲンが重要か分かっていただけると思いますが、コラーゲンは40代を境に急激に減少し更にコラーゲン自体も老化していきます。

 

内面

【活性酸素の過剰発生】

本来であれば体を守るために存在する活性酸素が増えすぎてしまい、その酸化力が強いせいで体内の血管や細胞を傷つけてしまい、シミの原因や動脈硬化・生活習慣病を引き起こしてしまいます。

【ホルモンの減少】

アンチエイジングに必要なホルモンは【成長ホルモン】です、いわゆる身長をのばし成長痛をおこすだけでなく、筋肉や毛髪の発達や皮膚の新陳代謝のサポートも必死に行ってくれている非常に優秀なホルモンです。このホルモンも10代をピークに分泌量はだんだん減っていきます。

 

精神面

【ストレス】

いわゆる感情の起伏や仕事・プライベートのストレスを受けることで、ホルモンや内面で働いてくれている細胞に悪影響を与えます、バランスを崩した心と身体は老化に向けて一直線となります。

 

 

効果的で簡単なアンチエイジングはあるの?

 

上記で上げたように加齢に伴ういろいろな内容で老いは訪れます、人により程度はあるにせよ万人に訪れるこの老化減少に手をこまねいても来るものは来るのでなにか効果的な対策を行っていく必要があります。

ただ一口に対策と言ってもパートナーが生活に十分なお金をお稼いできてくれて、エステに高級化粧品をふんだんに使える、なんて環境はあるわけもなく
普段はお仕事をされていたり、育児や家事に奔走していると日々のメンテナンスなんてそんなに時間を使えませんよね。
その為に医学的にも効果がありできるだけ簡単でコストも低い方法を独自調査によりまとめました。

 

○まずは日本食を食べる!

f:id:hapihapitasutasu:20161005135851j:plain

できるだけ外食をやめ、日本古来からある食材を食べることが本質的なアンチエイジングとなります。
美味しい日本食を食べてアンチエイジングならやりたいと思いませんか?

 

○糖質を抑える

f:id:hapihapitasutasu:20161005135918j:plain

これは最近では常識化している部分ですので触れませんが、糖質を過剰摂取すると悪玉コレステロールが発生し老化を助長します、また過剰な肥満も生活習慣病に紐づくので気をつけましょう。

 

○海藻を食べる

f:id:hapihapitasutasu:20161005140902j:plain

最近食卓にあまり並んでないですよね?
【めかぶ】【もずく】にはフコイダンという最高の成分が含まれています、がん細胞と戦ってくれたり、糖分・塩分とくっつき排出されたりします。

 

○果物を食べる

f:id:hapihapitasutasu:20161005135957j:plain

 

抗酸化作用に協力してくれる果物、ビタミンの排出は数時間でされてしまうほど早いのでこまめに取りましょう、糖質が高いものは控えた上でおすすめできるのは【キウイフルーツ】【ブルーベリー】【りんご】の3種類です。

 

○青魚を食べる

f:id:hapihapitasutasu:20161005140054j:plain

魚の摂取はアンチエイジングを行う上でマスト条件です。
更にポイントは青魚を取ることです、【サンマ】【イワシ】【アジ】等です。
青魚は値段も安く、スーパーに行けば100円前後で手に入る魚でアンチエイジングができるので一石二鳥ですね。

 

まとめ

加齢に伴う老化はいろいろな要素で訪れる事はご理解いただけたかと思います。
ただ日本人が古来からしていた食事内容に果物や少しのサプリメントを摂取していけば意外とお手軽にアンチエイジングが出来ることも同時にご理解いただければ幸いです。

肌のツヤとはいったい何か?光の反射の性質から見てみた。

f:id:hapihapitasutasu:20160930192942p:plain

 

 

 

お肌のツヤって具体的に何なのでしょう?

 

 

敵を知り、己を知れば100戦危うからず、という有名な言葉があります。

どんな条件を満たせば目標を達成できて、その条件を満たすには自分に何が足りないのかがわかれば、あとは足りないものを補えば目標は達成できるということです。

 

 

 

光をどれだけ反射するかにかかっている

 

 

そのため、まず美肌とはどういう状態なのかを正確に定義する必要があると思います。

そこで、美肌の要素の一つである「ツヤ」について考えてみましょう。

ツヤとは光沢と言い換えることができ、これは科学的には、「入射した光と対照の角度に設置した受光器が、どれだけの光量を受け取ったか」で測定されます。

光沢が最大となる素材、つまり鏡などの場合、例えば 60度の角度で照らした光は、素材と鉛直の垂線に対象に、反射してすべて出ていきます。

ですから、入射した光量とほぼ同じだけの光を受光器が受け取るのです。

 

 

 

光の吸収に加えて、乱反射でも光沢は減る

 

 

これに対し、光沢の少ない素材に同じように60度の入射角で照射した場合、この光のいくつかは、鉛直の垂線に対照に、素材からの60度の角度で反射していきます。

しかし光沢の少ない素材というのは、表面がでこぼこしていますから、30度の角度で反射する光、90度の角度で反射する光・・・と、無数にばらけて行ってしまうのです。

そのため、受光器が受け取る光量は、入射した量よりもずっと少なくなります。

 

f:id:hapihapitasutasu:20160930192535p:plain

上図が、光沢の強い素材。受光器(ここでは人の目)が受け取る光の量は多いですよね。下図が、光沢の弱い素材。乱反射するので受け取る光の量は少なく、「ツヤがない」と判断されます。

 

 

物の姿を写らせるほどの光沢の場合、位相が揃っている

 

 

鏡はなぜものを映し出すかというと、これはモザイクアートを想像してもらうとわかりやすいです。

右にピンク色のタイル、真中に白のタイル、そして左に緑色のタイルを使用した、3色団子のようなモザイクアートを作ったとしましょう。

鏡のように入射角に対象に光を跳ね返すならば、右からピンク、白、緑の順番はそのまま保たれて、あなたの眼に映ります。

しかし、乱反射する素材の場合、それぞれのタイルから放たれた光が、素材で違う角度で反射されてしまいます。

すると、タイルの位相はずれるので、もとの姿と、反射した像は似ても似つかないものになるのです。

鏡には到底及ばないが、少しは光沢のある素材にモノを移すと、ぼんやりとした何かとして映るのはこういう理由になります。

 

f:id:hapihapitasutasu:20160930192558p:plain

 

上図は表面がなだらかで光沢のある素材。各色の位相が揃った状態で反射されるため、形が認識できます。

下図は表面がでこぼこな場合。素材の反射の角度が一定でないと、もとの形として認識できないのです。

 

 

 

レンズ効果と相まって、サイズが変わる鏡像

 

 

鏡のように反射率の高い素材に話しをもどしますと、光の束の移送がそろったままわれわれの目に届けば、物体の姿が写り込んでみえるということはすでにご説明いたしました。

それでは、このような素材が平面ではなく、凹レンズのように少しだけくぼんだカーブを描いた形状をしていたらどうでしょう ?

像はやや小さめにうつり、かつその光は平面の素材に比べてやや強くなることが予想できますよね。

 

 

 

 

光を自由に操る美魔女になっちゃってください!

 

 

このように、色や形を目で認識する場合には、光の性質が全てを握っているといっても過言ではありません。

お化粧や美肌の追及をされておられるご婦人は多いと思いますが、光の性質を楽しんで勉強されると、思わぬエステティックへのヒントが見つかるかもしれませんよ。

ちなみに、私は趣味で模型を作るのですが、

模型の世界ではあまりグロッシーに塗装するのは評価されず、つや消しでややくすんだ感じの塗装を基調とするものがこのまれます。

こうすることで、グロッシーな部分との対比ができ、より細かい部分まで見やすくなるからです。

この考え方は、顔の周りのアクセサリーを輝かせすぎないものにし、あなたのお顔のみずみずしさを強調するなどの手法に応用できるかもしれませんね。

 

 

お肌の光沢を出すためのキーワードは、滑らかさと表面積

f:id:hapihapitasutasu:20160912152637j:plain

 

 

肌のつやを出すためには、反射率を高めて鏡面に近いようにすればよく、単純に言えば、つるつるのお肌にはつやがあるということです。


そのための手段としては、一番簡単なのは何かをお肌の表面に塗るということ。
BBクリームやファンデーションなどの化粧品が有名ですね。
表皮の組織と組織の間の段差を埋めることができるので、お肌の表面はなだらかになり、反射率を上げることができます。



皮脂への理解を深め、除去しすぎない



外部から化粧品を塗り込まなくても、あなたのお肌には皮脂が分泌されて肌をおおうことにより、これもまた組織と組織との段差を埋めて、なだらかにしてくれます。


このあたりは、おふろ上がり直後の皮脂が完全に洗いながされた後よりも、ちょっと時間が経ってほどよく皮脂が出てきた時の方がつやが出るので、実感できると思います。


皮脂も肌のつやに貢献しているので、それほど邪険に扱うべきものでもないのです。

10年以上前に脂取り紙がちょっとしたブームになりましたが、現在は当時ほど頻繁に皮脂をふき取る女性も見かけませんよね。
皮脂の重要性が知れ渡った結果だと思います。

 


さて、表皮の状態を反射率の高い状態にもっていく方法は、段差を埋めるだけでしょうか?
アプローチとしてはもう一つあります。



皮膚の表面積量をなるべく低く保つ



論より証拠といますか、これは今すぐにお試しいただけるのでやってみてほしいのですが、まず腕の皮膚や足の皮膚などを、指でつまんで縮めてみてください。
すると、肌の光沢は減るのが確認できますよね?


次に、同じ部分の肌を、今度はスマホやタブレットをズーム操作するときのように、2本の指に引っ張って広げてみてください。
すると今度は、お肌の光沢が増えてつやつやしたと思います。
これは前者の指で皮膚を縮めた時には、面積当たりの皮膚の表面積量が増えたことで、ミクロにみると表皮が襞になり、光の乱反射の度合いが増えて、光沢が減ったのです。


逆に、指で引っ張って広げた時には、面積当たりの皮膚の表面積が減少して、鏡面のように入射した光と対照の角度に反射される光の量が増えて、光沢が増えたのです。




こまめに体を動かし、同じ姿勢をとり続けないように意識する



このように、皮膚が適度に引っ張られた状態を常に作り出すには、どうすればよいでしょうか?

一つには、筋肉にながれこむ血液の量を増やして、適度に膨張させることです。


そのためにこまめに体を動かして、体の各部に血液を行き渡らせてあげましょう。
これは美肌だけではなく、エコノミークラス症候群という名前でも知られる、同じ姿勢を長時間続けたことによる血栓の発生を防ぐためにも効果があります。


とくに今の熱い夏の季節は、脱水によっても血栓のリスクが増えますので、水分捕球と同時に心がけたいものです。



ランゲルハンス細胞の質と量の低下を抑える。



肌の段差を埋める手法もすでにご紹介しましたが、皮膚は加齢によって、水分保持量の低下や皮脂分泌量の低下に加え、その構成される要素の割合も変化します。


角化細胞とシミの部分での色素細胞は増え、ランゲルハンス細胞と繊維芽細胞の数、シミ以外の部分での色素細胞の数は減ります。


特に注目すべきは、ランゲルハンス細胞数の低下で、これは皮膚に異物が侵入した際に脳へと情報を伝達し、免疫機能を働かせる命令を出す役割を持つ細胞です。

これが減少したり弱ったりすると、いちはやく免疫機能によってお肌を侵入物から守る水際対策が働かなくなり、お肌の老化がさらに進むのです。


合成界面活性剤入りのスキンケア商品はランゲルハンス細胞数低下のリスクを高めますので、皆様にはぜひ、弊社の合成界面活性剤不使用の商品をご愛用いただければと思います。