読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保湿化粧品の選び方~保湿成分で選んでみる~

f:id:hapihapitasutasu:20160527164929p:plain

 

お肌に潤いがある」というのはお肌の状態がどんな時だかご存知ですか?
潤いのあるお肌というのは正しい保湿スキンケアができていて、
角質層の内側にたっぷりと水分が含まれいる状態のことを言います。

 

空気が乾燥する=お肌が乾燥する、と思いがちですが、
実はお肌の内側の保湿物質がちゃんと機能していれば、
どんなに空気が乾燥していても、乾燥肌になることはありません。

 

お肌の角質層にある保湿物質は3種類あります。
1.皮脂
2.天然保湿因子
3.角質細胞間脂質
この3つが助け合ってお肌の潤いや水分量を正常に保とうとしています。

 

なかでも一番大切なのが③の角質細胞間脂質で、
お肌の保湿の約80%を担っています。
天然保湿因子は17%前後、皮脂は残りの3%程度と言われています。

 

角質細胞間脂質の主な成分は「セラミド」で、
この「セラミド」が不足すると乾燥肌が始まります。
乾燥肌はストレスや加齢、外部からの刺激によってどんどん減少していくので
意識的にお肌に取り込まなければなりません。

 

カサカサ肌や粉が吹いたようになる乾燥肌の方は、
油脂の多いクリームで肌表面を覆ったり、
さっぱり感のある水っぽいローションや化粧水をパシャパシャと
叩き付けるだけでは、その悩みは解消されないんですね~

 

ぜひ「セラミド」配合化粧品、
特に、人間のお肌の角質層に浸透されやすいようにナノ化してある
ヒト型セラミドや、セラミド1セラミド2セラミド3
言われているセラミドが有効です。

 

保湿化粧品を選ぶときには、
・セラミドが配合されている
・どんなセラミドが配合されているか
この2点に注意して選んでみて下さい☆